自己破産は最後の手段


自己破産は、債務整理の手続きの中でも最後の手段になります。
債務整理をするとまずは、任意整理からできないかを検討します。
どの手続きもそうですが、まずは取引している金融機関から契約開始から直近までの取引履歴を取り寄せます。その取引履歴をまずは、法定金利以下つまり利息制限法の上限金利である15%~20%以下の金利に引き直して再計算して、払いすぎた分の利息があればそれを元金に充当して借金を減らしていきます。

任意整理をしてもあまり減額できなければ、民事再生になります。任意整理との違いは自己保有の財産を一部処分することです。これで減額をします。民事再生をして減額をしても借金を到底返せない、将来の収入から考えてもほぼ完済は無理であれば、自己破産の手続きになります。

自己破産は最終手段です。借金の返済が一切免除になる代わりに、住宅などの財産を処分しなければならない債務整理になります。官報にも掲載されますので最後の方法となります。

This entry was posted in 債務は基本的にはなくならない. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found