債務は協議後に整理された上で支払っていく


債務整理の手続きの中で、任意整理という手続きは債務を貸金業者と協議後に整理された上で支払っていく手続きになります。基本的に債務整理は、個人でも手続きすることができるのですが手続きの煩雑さや法律知識も必要になってくることを考えると、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談して、自分の代理人となってもらい貸金業者と交渉してもらうやり方をする方が大半です。

相談だけであるなら無料で実際に着手するとなってから料金が発生する事務所もあります。貸金業者と債務の何について協議をするのかというと、借金の減額交渉と返済期間、毎月の返済金額についてです。
減額はどのように行うかは、取引履歴を貸金業者から取り寄せ、契約開始から直近の取引の全期間を利息制限法以下の金利に引き直すと払いすぎている利息分がでてきます。その払いすぎた利息分を元金に充当することで借金の総額を減らすことができます。

その減額された借金の返済期間と毎月いくらずつ分割で支払うかを協議し、決まりましたら和解契約を結び支払いっていく債務整理になります。

This entry was posted in 債務は基本的にはなくならない. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found