債務整理をすると一部の職業への就職や資格受験が制限されてしまう


債務整理とすると一部の職業への就職や資格受験が制限されてしまうことがあります。債務整理といっても、任意整理や民事再生、自己破産の手続きがあります。

過払い金請求も債務整理の手続きのひとつであります。整理をしたからといって、必ず一部の職業に就けないくなったり資格受験が制限されるわけではありません。任意整理や民事再生は、手続きをしても特に制限を受けることはありません。

自己破産だけは制限を受けてしまう手続きです。
自己破産とは、今後の収入や保有している資産を処分したとしても到底完済することはできないと裁判所に認めてもらう、これを免責といいますが、その認可を受けると借金の返済が全額免除になる手続きになります。借金の支払いを全くしなくていいので、毎月の給料から返済に充てる分がなくなるので余裕が生まれます。

しかし、生命保険の募集人や警備員のなどの一部の職業に就けないデメリットがあります。そのような職業に就く希望がなければ問題はありません。

ピックアップ

全国から債務整理に強い弁護士を探す | 債務整理サーチ
全国から債務整理に強い弁護士を探す | 債務整理サーチ
膨れ上がった借金による債務整理をご検討の方は、「債務整理サーチ」をチェックしてみましょう。エリア別、条件別で検索できるので、いざという時にとても便利です。法律のプロから適切なアドバイスを貰い、債務整理の問題を解決していきましょう。
This entry was posted in 債務整理のデメリット. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found