債務整理をすると融資などの金銭面の貸借が受けられなくなる


債務整理と一口にいってもその方法は大きく分けて3つの手続きがあります。ひとつめは任意整理です。任意整理は、これまでの取引履歴を利息制限法以下の金利に引き直し再計算し、払いすぎている利息があれば残高の返済に充てて原則3年以内に完済できるように返済計画を立てる手続きです。

民事再生も減額して返済計画を立てる手続きですが、自己保有の財産を一部処分するので減額される割合は任意整理よりも大きい債務整理になります。自己破産は、借金の返済を今後まったくしなくてもよくなる手続きです。
住宅などの財産も手放さなければならなくなります。

債務整理の手続きをしますと、信用情報機関にこれらの手続きをした事実が登録されてしまいます。この情報が登録されますと、新たにローンを申込みをしたとしても信用情報調査で債務整理の事実が八カウすればそのばで融資はできない結果となります。

登録されている期間は5年間です。自己破産となると官報にも掲載されます

This entry was posted in 債務整理のデメリット. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found